IT業界で働くエンジニアは圧倒的に男性が多く、女性は少数派であるために、悩み・苦労を抱えながら仕事をしている。
特に大きな悩みが出産・育児に関する制度・環境についてだ。
エンジニアの世界は男性を基準とした労働環境である場合が多い。
そのため、男性と同様の残業時間を求められるのは当然という風潮が見受けられ、産休に入る直前まで深夜までの残業を求める会社もある。
産休・育休制度が存在している会社は多いものの、未だに出産イコール退職というイメージの会社や産休・育休制度の使用率が低い会社も少なくない。
このように子育てと仕事の両立が難しい職場環境であるため、出産を機に退職する女性も多くなる。
そしてその結果、キャリアにおける目標になるような先輩がいないという状況に陥り、自分がどのようなキャリアを積むべきか悩むことになる女性エンジニアも多いのだ。

一方でエンジニアの世界は評価・待遇の面で男女差が小さいというメリットがある。
単純な体力ではなく、技術や知識などが問われるため男女で作業に差はない上に、評価も基本的に結果主義である場合が多いので、仕事ができれば性別は関係ないのが特徴だ。
ただ、男性と同じ仕事内容・量を求められるので、それが出産を契機に負担となる場合がある。
仕事への評価・待遇の面で差が少ない業界ではあるが、妊娠・出産のある女性への理解・配慮に欠けている傾向があることを頭に置いて、職場を選ぶ必要があるのだ。

どんな職場でどんな風に働こうか考えた時、女性エンジニアの実情を知ることで自分をよりよい環境に置くためのポイントがわかるだろう。
また、男性も女性がどんな悩みを持っているのかを知っておくことで環境改善が進み、人材確保にも繋がるはずである。
ここで挙げたことも含めて、女性エンジニアが何に悩みどう解決していっているのかはこちらのHPにまとめられているので、ぜひ一読してみて欲しい。