女性エンジニアは男性と比較すれば少数派ではあるが、最前線に立つ技術者や、全体を統括する管理職として活躍している人もいる。
総数が少ないので目立つ存在ではあるが、そういった珍しい、変わっているという評価こそが、女性エンジニアの悩みの原因となっている可能性がある。

その一つとして、女性だからという理由だけで、この人は本当に信頼できる技術者なのだろうか、と実力に疑問を持たれるかもしれないというものがある。
例えば、IT業界に必要とされる能力の一つに論理的思考が挙げられるが、一般的にこの考え方は男性的なものだと言われている。
しかしその特徴はあくまでも傾向を表現したものにすぎず、男性であっても論理的思考が苦手な人がいるのと同様に、論理的思考に大変優れている女性もいる。
中には、その能力が優れているからエンジニアになった、という経緯の持ち主もいることだろう。
しかし、そういった個々の能力を確かめるのではなく、論理的思考は男の考え方であり、女性には難しい、といった間違った認識や先入観を持って接してくる人が存在する。
そしてこれが、思い込みだけで留まるならばまだしも、場合によっては昇進や仕事の割り振りなどに影響をもたらすことがあるので、苦労や悩みが後を絶たないという結果に繋がっているのだ。

勿論、そういった誤認をする人ばかりではないことに加え、既に活躍する先人たちが様々な努力を重ねていることにより、性別に引きずられない職場環境はすでに広がりつつある。